2006年6月 9日 (金)

コミュニケーションの成功率

わたしは、コミュニケーションはキャッチボールのようなものだとか、対話の練習はスポーツのようなものだと常々言っています。もちろん、他にもそのように言っている人はいます。

そこで、たとえついでにもう一つ付け加えます。
それは、スポーツと同じで、いつも成功する(うまくいく)とは限らないということです。

たとえばサッカー。シュートをしても必ず得点(ゴール)になるとは限りません。たくさんの失敗(スポーツではこのような言い方はしないと思いますが)があります。それでも、練習を積んだ能力のある選手は、数回に1回は、得点につながるシュートができます。

次に野球。一流選手といえども、毎回ヒットやホームランを打つとは限りません。上手な選手ほどヒットを打つ確率は高くなりますが、100%ではありません。

もう一つ相撲。さすがに横綱、大関などの上位陣になると、勝ち星の方がはるかに多くなりますが、下位のうちは、負けよりも勝ちが少しでも多ければ昇進してゆきます。つまり、50%以上勝てればオーケーなのです。

このように、全国レベル、世界レベルの選手でさえ、100%の成功率(得点率)があるわけではないのです。それくらい、人間相手の対戦(?)というのは確実性が低いことなのです。
コミュニケーションもある意味で「相手との対戦(勝ち負けはありませんが)」ですから、失敗があって当然です。要は、失敗を失敗のままにしなければいいのです。

日常の人間関係やコミュニケーションにおいてもこのようなことですから、まして、新たなスキルである「確認型応答」を試みて失敗したとしても、気にすることはありません。
数回のうち、たとえ1回でもうまくゆけば、それは大きな前進です。

失敗が即人命にかかわるとか、大きな経済的損失を被るような分野では、失敗は限りなくゼロに近いことが要求されます。そのかわり、複数の人によるチェック体制や、フェールセーフと呼ばれる機械的な安全装置が使われています。

しかし、日常のコミュニケーションでの多少の失敗は修復可能(対応が遅すぎると大きな問題になることがありますが)ですから、あまり神経を使う必要はないでしょう。「確認型応答」は、その修復のためのスキルにもなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)