« 職場におけるハラスメントとメンタルヘルスのシンポジウムで話しました | トップページ | 〈対話法〉の新しい学習法・アートde〈対話法〉教室 »

2014年6月27日 (金)

議会でのヤジ発言とサッカーの試合の共通点

 6月18日に起きた、東京都議会でのヤジ発言に関する動きでは、ヤジ発言の内容や、発言した議員の特定、責任追及が主な論点となっています。
 しかし、私は、そのヤジ発言を放置した「議長」や「周囲の議員」にも責任があると思います。

 折しも、サッカーワールドカップ・ブラジル大会が開かれています。
 ヤジ発言をサッカーの試合にたとえるなら、今回の事態は、選手の意図的なファウル行為を、審判が止めなかった(笛を吹かなかった)のと同じだと考えます。
 そして、世間が、審判ではなく、選手の責任だけを追及しているという構図です。

 もちろん、サッカーの場合は、選手だけでなく、ファウル行為を止めなかった審判も、批判や抗議の対象になります。
 ところが、今回のヤジ発言に関しては、議長の責任を問題にしているメディアやSNSでのコメントが見当たりません。これでは、根本的な再発防止に繋がらない可能性が高く、たいへん残念なことだと思います。

 ところで、議会とは異なりますが、私は、地元で、「対話の会」という、誰もが参加できる語り合いの場を主催しています。「対話の会」では、参加者が交代で進行役を務めます。進行役の役割は、参加者が会の発言ルールを守っているかどうかをチェックすることです。進行役が真剣に役割を果たすと、必ず楽しい会になります。一方、進行役がさぼると、極めて危険な会になることがあります。もちろん、参加者全員が、自主的にルールを守るのが理想ですが、なかなかそうはいかない現実があります。そのために、進行役がいます。

|

« 職場におけるハラスメントとメンタルヘルスのシンポジウムで話しました | トップページ | 〈対話法〉の新しい学習法・アートde〈対話法〉教室 »