« チャット「対話の会」の参加者からの感想 | トップページ | メーリングリストやSNSでのトラブルを予防するルール »

2013年3月 8日 (金)

日本列島にも旧石器時代の文化があったことを発見した相沢忠洋氏と「岩宿遺跡」

 昨日、久々に「岩宿遺跡」(我が家から西へ4Kmほどの距離)を訪れました。
 昭和21年に、地元(厳密には隣町の桐生市在住)の考古学研究者である、故・相沢忠洋氏によって、関東ローム層の中から石器が発見されました。昭和24年に、明治大学考古学研究室のメンバーと、相沢氏を含む発掘調査団により、日本で初めて、関東ローム層の中から石器が出土することが確認されました。これは、日本文化の始まりが定説よりも1万年以上遡ることを意味し、日本列島にも旧石器時代の文化があったことを証明した大きな発見でした。
 石器の発見者である、相沢忠洋氏のことは、私が小学6年生のときに、ある学習雑誌の記事で知りました。地元に、こんなにすごいひとがいたことに感動したのを覚えています。その後、著書『岩宿の発見』(講談社)を読み、発見に至るまでの経緯を詳しく知りました。その後、地元の群馬大学の学園祭で講演をお聞きする機会にも恵まれました。相沢忠洋氏は、大学で考古学を学んだのではない、いわゆる在野の研究者です。私は、その生き方に、いつも励まされています。(写真は氏を顕彰した胸像)P3070028

|

« チャット「対話の会」の参加者からの感想 | トップページ | メーリングリストやSNSでのトラブルを予防するルール »