« 対話法の活動の近況報告です | トップページ | 「東京新聞」と「中日新聞」の朝刊で〈対話法〉が紹介されました »

2010年8月31日 (火)

医療過誤でも謝罪が大切

ケアネット」から配信された情報によると、医師が間違いを犯した場合には、そのミス(過誤)を認めて謝罪し、補償を申し出ることが、医療過誤訴訟の防止にたいへん有用であるということが、新たな研究によって示されたとのことです。

■参考:当ブログに、このような記事もあります。
事故への対応/謝罪の是非

|

« 対話法の活動の近況報告です | トップページ | 「東京新聞」と「中日新聞」の朝刊で〈対話法〉が紹介されました »