« ファシリテーションと〈対話法〉 | トップページ | 確認が嫌がられる場合(2) »

2006年9月12日 (火)

確認が嫌がられる場合(1)

このブログでは、これまで、〈対話法〉における「確認型応答」は相手に好感を与えるということを主に述べてきました。

つまり、相手の発言に対する確認の言葉が合っていれば、話し手は、嬉しさとともに、さらに自分の気持ちがはっきりします。
また、仮に確認の言葉が違っていても、違いが明確になることによって、自分の気持ちが見え始めます。
いずれにしても、確認型応答は、話し手本人にも、聞き手にも益になることです。

しかし、これにはいくつかの例外があります。それは、話し手が自分の気持ちを相手に気づかれたくない場合か、話し手自身が自分の気持ちに気づきたくない場合です。

このことについて、今回と次回にわけて説明します。
はじめは、「自分の気持ちを相手に気づかれたくない場合」です。

わたしの経験から言うと、確認されることを嫌うのは、自分の発言に自信がない人か、自分の発言の趣旨をはっきりさせたくない、なんらかの意図がある人です。
つまり、なんとかごまかして(ちょっと表現は悪いですが)その場を収めたい人です。

例をあげて説明します。

まずは、自分の発言に自信がない人;

★権威ある立場にある人が、自分でもあまり確信がもてないことを思わず言ってしまったが、それを今さら取り消すわけにもいかず困っているとき。

次に、自分の発言の趣旨をはっきりさせたくない人;

自ら発言しているのに、なぜ「はっきりさせたくない」のかという理由はいろいろあるでしょう。たとえば以下のような場合です。

★いやいや言わされている場合(国会での参考人質疑など)や、立場上発言せざるをえない場合(不祥事に関する謝罪の記者会見など)など。

★相手をだまして自分だけ利益を得ようとしている場合。

などがあります。もちろん、このように特別な場面でなくても、わたしたちの日常には、多かれ少なかれ、これに似た心境(たとえ悪意はなくても)になる状況があると思います。

このような条件下では、わたしたちは、できるだけあいまいなまま事を済ませたいという気持ちになります。つまり、相手から「確認」(または質問)されることを避けたい気持ちになるわけです。

|

« ファシリテーションと〈対話法〉 | トップページ | 確認が嫌がられる場合(2) »

コメント

面白いお話でした。

状況にもよりますが、なぜ「はっきりさせたくない」のかを見つめることで自分自身の見失っていた一面が見えてきたりしますね。

特にカウンセリング受診中、思っても見なかったことに「はっきりさせたくない」思いが浮かんで驚くことがあります。

突然失礼しました。

投稿: Kappa | 2006年9月16日 (土) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99499/3411200

この記事へのトラックバック一覧です: 確認が嫌がられる場合(1):

« ファシリテーションと〈対話法〉 | トップページ | 確認が嫌がられる場合(2) »