« JAL「安全啓発センター」見学 | トップページ | 対立場面こそ練習のチャンス! »

2006年7月14日 (金)

「より」と「から」の使い分け

 突然ですが、次の文章、意味が分かりますか?

例1:

> 私の夢は、月より火星を見ることです。

 最近、私が気になっているのは、本来なら「から」という格助詞を使った方が良いと思えるところにまで、「より」という語句を使う人が多くなってきたことです。

 意味が明確ならまだいいのですが、中には、書いた本人が分かっているだけで、読み手には意味が分からないという文章に出会うことも珍しくありません。

 例1は、おそらく、「月から火星を見る」という意味だということが想像できますが、もしそうなら、「より」より「から」を使ってもらった方が意味がはっきりしますね。

 でも、もしかしたら、この人は月より火星の方に興味があるので、天体望遠鏡を買ったら、まずは火星を見てみたい、という意味なのかもしれませんが……。

 では、例1よりも現実にありそうな次の例はどうでしょうか?

例2:

> この本は人気があるので、12月より多くの部数が発売されることになりました。

 さて、この文章を書いた人は、「12月に発行された部数よりも多くの部数を発行することになった」と言いたいのか、「12月から多くの部数を発行することになった」と言いたいのか。

 従来は、比較的、「より」は than、「から」は from という意味で使い分けがされていたと私は思うのですが、最近、その使い分けが不明確になっています。

 さらに、本来なら「から」と言うべきところにまで「より」が使われるようになっています。これは一つの流行なのでしょうか?

 ところで、「より」は少なくとも2つの異なる意味がありますので、もともと誤解の温床(?)になりやすい語句です。

 法律関係に詳しい知人から聞いた話ですが、法律で使う用語は、出来るだけ誤解が少なくなるように決められているそうです。

 たとえば、「この法律は〜より施行する」とは決してしないで、「この法律は〜から施行する」と表記するとのこと。

 日常の会話や文章では、法律ほどの精確さは要求されないにしても、誤解を防ぐために、「複数の意味をもつ表記」は可能なかぎり避けたいものです。

|

« JAL「安全啓発センター」見学 | トップページ | 対立場面こそ練習のチャンス! »

コメント

mixiへの足跡どうもありがとうございました。
対話法について時間をかけてじっくりブログを拝見していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

投稿: hide | 2006年7月18日 (火) 21時44分

少し前になりますが、ブログ訪問ありがとうございました。自分も興味あるテーマなので、これから見させてもらいますね。今回のテーマに関しては、「より」と「から」とを自分は誤解を招かないように使っているつもりですが、たぶんそういう意識じゃ、間違えて使っている可能性がありますね。

投稿: matsushige711 | 2006年7月14日 (金) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99499/2648528

この記事へのトラックバック一覧です: 「より」と「から」の使い分け:

« JAL「安全啓発センター」見学 | トップページ | 対立場面こそ練習のチャンス! »